ホーム » ニュース » 鈴木麻希さんが学位論文公聴会で研究成果の発表を行いました

 
 

鈴木麻希さんが学位論文公聴会で研究成果の発表を行いました

 

12月12日(土)午前10:00より18号館1階のサイエンスフォーラムにおいて、総合理工学研究科総合理工学専攻博士課程3年に在学中の鈴木麻希さんが、学位論文公聴会においてこれまでの研究成果を発表しました。鈴木さんは理学部化学科の藤尾克彦教授の研究室でクラウンエーテル界面活性剤の研究を進め、新しい界面活性剤の創製に成功、その金属イオン包接能とミセル形成との関係を明らかにしました。このようなクラウンエーテル界面活性剤は陽イオン界面活性剤と錯体を作り、ベシクル形成などのユニークな機能を発現することが期待されます。公聴会には多くの教職員、大学院生が集散し、研究内容に関して活発な討論が行われました。

syzuki1syzuki2

お知らせ »

2018年度秋学期修士論文公聴会及び卒業研究発表会

2018年度秋学期修士論文公聴会及び卒業研究発表会を下記の通り開催します。 入場制限はありませんので、ご自由にご来場ください。 修士論文公聴会 2019年2月1...(more...)

 

博士論文公聴会のお知らせ

理学部化学科の卒業生で、現在は総合理工学研究科博士課程3年の田村紗也佳さんの博士論文公聴会が11月17日(土)に行われます。論文題目は「Er3+, Yb3+共ド...(more...)

 

2018年度春学期卒業研究発表会

2018年度春学期卒業研究発表会を下記の通り開催します。 入場制限はありませんので、ご自由にご来場ください。 2018年8月23日(木) 10:00~10:30...(more...)

 
 

ニュース »

化学科の小口准教授が『SYNFACTS』のハイライトとして掲載された研究内容について招待講演を行いました

理学部化学科の小口真一准教授が12月19日に、福岡県・西日本総合展示場で開かれた「第28回日本MRS年次大会」で研究成果について招待講演を行いました。本学会は経...(more...)

 
化学科の池田講師が「平成30年度有機合成化学協会 中国四国支部奨励賞」を受賞しました

化学科の池田講師が「平成30年度有機合成化学協会 中国四国支部奨励賞」を受賞しました

理学部化学科の池田俊明講師が「平成30年度有機合成化学協会 中国四国支部奨励賞」を受賞。11月24日に広島大学で開かれた表彰式に出席しました。有機合成化学協会は...(more...)

 
理学部化学科の冨田准教授が研究代表を務める論文が国際ジャーナル『NANO LETTERS』に掲載されました

理学部化学科の冨田准教授が研究代表を務める論文が国際ジャーナル『NANO LETTERS』に掲載されました

理学部化学科の冨田恒之准教授や同研究室に所属する博士研究員らが執筆した論文「Low-Temperature-Processed Brookite-Based ...(more...)

 
 

研究情報 »

化学科の小口准教授が『SYNFACTS』のハイライトとして掲載された研究内容について招待講演を行いました

理学部化学科の小口真一准教授が12月19日に、福岡県・西日本総合展示場で開かれた「第28回日本MRS年次大会」で研究成果について招待講演を行いました。本学会は経...(more...)

 
化学科の池田講師が「平成30年度有機合成化学協会 中国四国支部奨励賞」を受賞しました

化学科の池田講師が「平成30年度有機合成化学協会 中国四国支部奨励賞」を受賞しました

理学部化学科の池田俊明講師が「平成30年度有機合成化学協会 中国四国支部奨励賞」を受賞。11月24日に広島大学で開かれた表彰式に出席しました。有機合成化学協会は...(more...)

 
理学部化学科の冨田准教授が研究代表を務める論文が国際ジャーナル『NANO LETTERS』に掲載されました

理学部化学科の冨田准教授が研究代表を務める論文が国際ジャーナル『NANO LETTERS』に掲載されました

理学部化学科の冨田恒之准教授や同研究室に所属する博士研究員らが執筆した論文「Low-Temperature-Processed Brookite-Based ...(more...)