お知らせ

お知らせ
2023年度理学部化学化卒業研究発表会を行いました

2024年2月15日に東海大学湘南校舎18号館において、東海大学理学部化学科の2023年度卒業研究発表会を行いました。今年度はポスター発表形式で、60名が一年間の卒業研究の成果を発表しました。 伊藤建化学科長から、四年間 […]

続きを読む
お知らせ
2023年度理学研究科化学専攻修士論文公聴会を行いました

2024年2月14日に東海大学湘南校舎18号館において、東海大学大学院理学研究科化学専攻の2023年度修士論文公聴会を行いました。理学部化学科の卒業生でもある化学専攻修士課程2年生14名の修士論文審査が行われました。 大 […]

続きを読む
お知らせ
大学院生で特定助手の三神瑠美さんが日本学術振興会の特別研究員に採択されました

大学院総合理工学研究科の三神瑠美さん(指導教員:荒井堅太講師=理学部化学科)が、令和6年度(2024年度)の独立行政法人日本学術振興会特別研究員(DC2)に採択されました。この制度は大学院博士課程に在籍する若手研究者を対 […]

続きを読む
お知らせ
先進生命科学研究所の三神瑠美特定助手が第96回日本生化学会大会で若手優秀発表賞を受賞しました

先進生命科学研究所特定助手の三神瑠美さんが、昨年10月31日から11月2日に福岡国際会議場・マリンメッセ福岡B館で開催された第96回日本生化学会大会「生き物は不思議だ! 生化学は楽しい!」で若手優秀発表賞を受賞しました。 […]

続きを読む
お知らせ
セレノインスリンの高効率な化学合成を実現し、持効型インスリン製剤開発への新たな戦略を提案 (荒井堅太講師、岩岡道夫教授)

成人の糖尿病患者数は2021年までに全世界で5億3,700万人に達しており、現在では10人に1人が糖尿病有病者と推定されています。糖尿病の治療薬であるインスリン製剤は遺伝子組み換え技術を用いて製造されていますが、生物の力 […]

続きを読む
お知らせ
化学科の関根教授が「皮膚ガスセミナー ~研究開発の最前線~」で基調講演しました

化学科の関根嘉香教授が11月17日に、東京都・銀座ユニーク貸会議室 7丁目店で開催された「皮膚ガスセミナー ~研究開発の最前線~」で基調講演しました。本セミナーは、関根教授が代表を務める「皮膚ガス研究会」が主催し、最前線 […]

続きを読む
お知らせ
11月3日(祝)にオープンキャンパスを行いました

2023年11月1~3日に東海大学の建学祭が開催され、3日にはオープンキャンパスが実施されました。化学科のブースには高校1~3年生を含む14名がお越しになりました。化学科で学べること、学生生活、卒業後の進路や、総合・推薦 […]

続きを読む
お知らせ
荒井講師と大学院生の西沢さんの発表した論文がNew Journal of Chemistryの表紙に選ばれました

化学科の荒井堅太講師と、荒井研究室で研究を行っている大学院生の西沢さん(修士1年生)が共著で発表した研究論文「Resin-supported cyclic telluride as a heterogeneous pro […]

続きを読む
お知らせ
先進生命科学研究所がブラジル・ペロタス連邦大学化学・食品・薬学センターと学術交流協定を締結しました

東海大学先進生命科学研究所ではこのほど、ブラジル・ペロタス連邦大学化学・食品・薬学センターと学術交流協定を締結。9月6日に同大学で締結式を行い、本研究所の岩岡道夫所長(理学部化学科教授)と同大学のイザベラ・フェルナンデス […]

続きを読む
お知らせ
夏休みにブラジルの大学で共同研究を行いました

理学研究科化学専攻修士2年生の池田健人さん(岩岡研究室)は、8月21日から3週間、ブラジル・ペロタス連邦大学の化学・食品・薬学センター(The Center of Chemical, Food, and Pharmace […]

続きを読む