キャンパスライフ

 

東海大学では,皆さんの大学生活をより豊かなものにするために,資格取得や就職を支援する窓口を設け,学生一人ひとりにきめ細かなサポートを行っています。また,皆さんの4年間が充実したものとなるよう,図書館やフィットネスルームなど高校までとはスケールの異なる大きな施設を整えています。

大学生活をサポート

入学してまもなくは,気の合う友達ができるかな?授業についていけるかな?授業についていけるかな?下宿生活は大丈夫かな?など,いろいろな不安があるものです。化学科では,そんな皆さんの不安をなくすように「入門ゼミナール」という授業を開講し,皆さんが大学生活をスムーズにスタートできるようにサポートします。また,4月には,新入生研修会を1泊2日で行います。この研修会では,先生や友達と親交を深めることができます。さらに在学中は,指導教員が学修上の問題,将来のことについて,いつでも相談に乗ってくれます!

資格所得にチャレンジ

化学科では,皆さんの資格取得を応援しています!教職科目を履修して卒業すると,中学校または高等学校の「理科」の教員免許状を取得できますが,教員になるためにはさらに採用試験にパスになければなりません。そこで教員志望者には「教員試験講座」を開講し,がっちりサポートします。そのほか,学科独自に,危険物取扱者,公害防止管理者,放射線取扱主任者,情報処理技術者など国家資格の受験講座も開講します。

研究室で充実した日々を!

大学生活最後の1年間(4年次)は,研究室(いわゆるゼミ)に所属します。この1年間は,皆さんの人生においてかけがえのないものになるでしょう。研究室は,先生,大学院生そして6〜7名も4年次生で構成され,研究室単位で活動します。研究,学会発表,論文投稿のほかに,研究室での旅行,バーベキュー大会,飲み会などで盛り上がります。中には,研究室に住みつく(?)学生もいます。

大学の施設を利用しよう

東海大学には皆さんの学習をサポートする教育設備がたくさんあります。図書館はキャンパス内に4カ所あり,自由に閲覧できます。和書,洋書,学術雑誌,AV資料など蔵書は豊富。予習,復習,レポート執筆に欠かせない空間です。また,パソコンは自由に使え,電子メールやインターネットも自由です。さらにフィットネスセンターもあり,午後5時以降は,年間使用料500円で利用できます。

就職活動を支援します

東海大学は就職活動を強力にサポートします!求人情報の公開はもちろんのこと,就職ガイダンスや企業の採用担当者を招いた学内合同企業説明会など,社会へのアクセスと大胆かつスピーディーに応援します。化学科への求人は多く,即戦力を求める企業から高い評価を得ています。最近では大学院への進学率が高く,高度で先端的な分野の研究者を目指す学生も増えています。

お知らせ »

2019年度春学期卒業研究発表会

2019年度春学期卒業研究発表会を下記の通り開催します。 入場制限はありませんので、ご自由にご来場ください。 2019年8月22日(木) 10:00~10:30...(more...)

 

2018年度秋学期修士論文公聴会及び卒業研究発表会

2018年度秋学期修士論文公聴会及び卒業研究発表会を下記の通り開催します。 入場制限はありませんので、ご自由にご来場ください。 修士論文公聴会 2019年2月1...(more...)

 

博士論文公聴会のお知らせ

理学部化学科の卒業生で、現在は総合理工学研究科博士課程3年の田村紗也佳さんの博士論文公聴会が11月17日(土)に行われます。論文題目は「Er3+, Yb3+共ド...(more...)

 
 

ニュース »

冨田准教授の研究グループが「2019年度物質・デバイス共同研究賞」を受賞

冨田准教授の研究グループが「2019年度物質・デバイス共同研究賞」を受賞

理学部化学科の冨田恒之准教授が代表を務める研究グループがこのほど、物質・デバイス領域共同研究拠点の「2019年度物質・デバイス共同研究賞」を受賞。7月1日に大阪...(more...)

 
荒井講師の研究グループによる論文が国際ジャーナル『Catalysis Science & Technology』に掲載されました

荒井講師の研究グループによる論文が国際ジャーナル『Catalysis Science & Technology』に掲載されました

理学部化学科の荒井堅太講師の研究室で研究・執筆した論文「Cyclic telluride reagents with remarkable glutathion...(more...)

 

化学科の小口准教授が研究代表を務めた論文が学術誌『SYNFACTS』のハイライトとして掲載されました

理学部化学科の小口真一准教授が代表を務めた研究グループの論文「ジアリールテルリドとボロン酸のチオフェンカルボン酸銅を利用した温和な条件下でのクロスカップリング反...(more...)

 
 

研究情報 »

荒井講師の研究グループによる論文が国際ジャーナル『Catalysis Science & Technology』に掲載されました

荒井講師の研究グループによる論文が国際ジャーナル『Catalysis Science & Technology』に掲載されました

理学部化学科の荒井堅太講師の研究室で研究・執筆した論文「Cyclic telluride reagents with remarkable glutathion...(more...)

 

化学科の小口准教授が研究代表を務めた論文が学術誌『SYNFACTS』のハイライトとして掲載されました

理学部化学科の小口真一准教授が代表を務めた研究グループの論文「ジアリールテルリドとボロン酸のチオフェンカルボン酸銅を利用した温和な条件下でのクロスカップリング反...(more...)

 

化学科の小口准教授が『SYNFACTS』のハイライトとして掲載された研究内容について招待講演を行いました

理学部化学科の小口真一准教授が12月19日に、福岡県・西日本総合展示場で開かれた「第28回日本MRS年次大会」で研究成果について招待講演を行いました。本学会は経...(more...)