4年間で獲得できる「基礎力」と「応用力」

 

化学科では,「自ら問題点を発見し,問題を解決する」能力が身につくことを目標にしています。化学科で4年間学ぶと,「基礎力」と「応用力」を得ることができます。

1年次(第1セメスター/第2セメスター)

化学の基礎と教養を学ぶ!

第1,第2セメスター(1年次)はまず,化学の基礎をしっかりと学びます。「基礎化学1」「基礎化学2」は,高校の化学と大学の化学を結ぶ科目です。「化学実験」では,実験を通して実験操作,ノートの作り方,レポートの書き方を学びます。また専門以外の広い視野を持つことも大切です。物理学や数学のほかに,「現代文明論」や文理共通科目,体育科目,英語コミュニケーション科目も学びます。

2年次(第3セメスター/第4セメスター)

専門基礎化学を学ぶ!

第3セメスター(2年次)から,いよいよ専門基礎化学を学ぶことになります。化学科では,「分析化学」「無機化学」「物理化学」「有機化学」の4つの分野を,講義と実験で学びます。これらは必修科目です。実験は複数の教員が指導するほか,技術員,大学院生のT.A.(ティーチング・アシスタント)もサポートします。

3年次(第5セメスター/第6セメスター)

基礎から応用へ!

第5セメスター(3年次)になると,専門基礎をベースにさまざまな応用化学の世界に入っていきます。例えば「情報科学」「生化学」「環境分析学」など時代の先端を行く分野,「高分子化学」「有機新素材」「ニューセラミックス」など新規物質の創製に関わる応用化学を学ぶこともができます。また,温故知新,化学の歴史をひもとく「化学史」も開講されます。基礎から応用へ—化学の世界が大きく広がります。

4年次(第7セメスター/第8セメスター)

大学生活の集大成!

第7セメスター(4年次)から,大学生活の集大成,「卒業研究」に着手します。皆さんは研究室で,一人ひとりがテーマをもって研究に取り組みます。研究室は17号館4階〜6階にあります。卒業研究を通じて多くの学生が「自ら問題点を発見し,問題を解決する」能力を身につけ,社会にはばたいていきます。

お知らせ »

2019年度春学期卒業研究発表会

2019年度春学期卒業研究発表会を下記の通り開催します。 入場制限はありませんので、ご自由にご来場ください。 2019年8月22日(木) 10:00~10:30...(more...)

 

2018年度秋学期修士論文公聴会及び卒業研究発表会

2018年度秋学期修士論文公聴会及び卒業研究発表会を下記の通り開催します。 入場制限はありませんので、ご自由にご来場ください。 修士論文公聴会 2019年2月1...(more...)

 

博士論文公聴会のお知らせ

理学部化学科の卒業生で、現在は総合理工学研究科博士課程3年の田村紗也佳さんの博士論文公聴会が11月17日(土)に行われます。論文題目は「Er3+, Yb3+共ド...(more...)

 
 

ニュース »

冨田准教授の研究グループが「2019年度物質・デバイス共同研究賞」を受賞

冨田准教授の研究グループが「2019年度物質・デバイス共同研究賞」を受賞

理学部化学科の冨田恒之准教授が代表を務める研究グループがこのほど、物質・デバイス領域共同研究拠点の「2019年度物質・デバイス共同研究賞」を受賞。7月1日に大阪...(more...)

 
荒井講師の研究グループによる論文が国際ジャーナル『Catalysis Science & Technology』に掲載されました

荒井講師の研究グループによる論文が国際ジャーナル『Catalysis Science & Technology』に掲載されました

理学部化学科の荒井堅太講師の研究室で研究・執筆した論文「Cyclic telluride reagents with remarkable glutathion...(more...)

 

化学科の小口准教授が研究代表を務めた論文が学術誌『SYNFACTS』のハイライトとして掲載されました

理学部化学科の小口真一准教授が代表を務めた研究グループの論文「ジアリールテルリドとボロン酸のチオフェンカルボン酸銅を利用した温和な条件下でのクロスカップリング反...(more...)

 
 

研究情報 »

荒井講師の研究グループによる論文が国際ジャーナル『Catalysis Science & Technology』に掲載されました

荒井講師の研究グループによる論文が国際ジャーナル『Catalysis Science & Technology』に掲載されました

理学部化学科の荒井堅太講師の研究室で研究・執筆した論文「Cyclic telluride reagents with remarkable glutathion...(more...)

 

化学科の小口准教授が研究代表を務めた論文が学術誌『SYNFACTS』のハイライトとして掲載されました

理学部化学科の小口真一准教授が代表を務めた研究グループの論文「ジアリールテルリドとボロン酸のチオフェンカルボン酸銅を利用した温和な条件下でのクロスカップリング反...(more...)

 

化学科の小口准教授が『SYNFACTS』のハイライトとして掲載された研究内容について招待講演を行いました

理学部化学科の小口真一准教授が12月19日に、福岡県・西日本総合展示場で開かれた「第28回日本MRS年次大会」で研究成果について招待講演を行いました。本学会は経...(more...)